初回より無料相談!千歳法律事務所の弁護士は福岡・北九州を含む九州エリアにて交通事故示談対応・後遺障害申請を専門的に取り扱っています。依頼者様には,弁護士本人が対応しています。いずれの等級でも対応可能です。

交通事故の賠償責任について

  • HOME »
  • 交通事故の賠償責任について

交通事故が発生したときには「被害者」と「加害者」がいます。そして、一般的には交通事故が発生したときには「加害者」が民事責任として損害賠償の支払い義務を負うこととなります。ここでは、交通事故の賠償責任について、さらに詳しく見ていきたいと思います。

【民事責任】

交通事故を起こしてしまい、被害者に与えた損害を賠償しなくてはならないのが「民事責任」です。人身事故の場合は、民法や自動車損害賠償保障法に基づいて、この責任が発生します。加害者が被害者に賠償しなくてはならない損害は「治療費」「通院費」「交通費」などの積極損害にくわえ、事故に遭わなければ得られたであろう収入を失ったことによる損害(逸失利益)や事故による精神的苦痛に対する慰謝料も賠償しなければなりません。

【刑事責任】

刑事責任とは交通事故を起こした加害者が、罪を犯したとして懲役刑や禁固刑などの刑事罰に処させることをいい、確認不足や前方不注意などの人身事故で人を死傷させた場合には、「過失運転致死傷罪」が適用されます。
さらに、飲酒運転など、飲酒や薬物の影響でにより正常な運転が困難な状態で自動車を走行させ、交通事故を発生させ、相手を死傷させた場合には「危険運転致死傷罪」が適用されます。
これは「自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律」で定められていて、運転者が無免許の場合は同法の第六条によって刑が加重、救護義務違反など道路交通法違反が伴うと、併合されてさらに罪が重くなります。

【行政責任】

民事・刑事上の責任は皆さん耳にしたことがあると思いますが、行政責任と聞くとあまり聞いたことがないかもしれません。行政の責任とは、事故を起こした者が公安委員会より運転免許の取り消し・停止などの処分を受けることをいいます。よく刑罰と混同されやすいですが、公安委員会が行政機関として下す制裁処分なので、刑罰ではありません。

当事務所は交通事故示談対応や後遺障害申請を専門的に取り扱っております。交通事故に関するご相談は、事前にご連絡いただければ無料で承ります。示談や慰謝料、損害賠償など、どんな疑問でも構いませんので、お気軽にご相談ください。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 092-725-1638 平日9:00~18:00(■土日祝 ■夜間相談可*要予約*)
※営業時間外はメールでお問い合わせ下さい。

メールでお問い合わせはこちら
  • お問い合わせ

千歳法律事務所メッセージ

着手金等の費用が一切かからずに交通事故に関する賠償額への不満や疑問を解消 出来る可能性があります。
福岡・北九州を含む九州エリアでお困りの方はお電話ください。

交通事故の被害に悩まれる方が、いつでもすぐ相談できる、敷居の低い、町医者のような弁護士でいたいと常に心がけております。

交通事故に遭ったら、いつどこに相談すればよいですか

交通事故被害でお悩みの方のそんな疑問に、これまで多くの交通事故事案を扱ってきた経験を生かして、適切かつ丁寧な回答をさせていただきます。

〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名2丁目10-1シャンボール大名A棟1001号